観げ記

何かを観て感じたい・感じるものがそこにある!をここに

2010年9月22日 (水)

叔母との旅 観げ記

<青山円形劇場 9月18日~今日はカフェを一休み 産地直送マーケット開催!!>

劇場の持つ雰囲気か、お客さんの空気か、役者の世界観か‥なんともいえない不思議な、そして心地いい時間だった。
二人で当日券を並んで、結局整理券で取れたのは1枚。「夜チャレンジするからいいよ」という声に甘えて一人で劇場に。見ながら、ぜひ、見てもらいたいと思い、見終わった後、夜の当日券に一緒に並んだ。無事とれて、なかなか思いで深い公演となった。

4方向のドアを出たり入ったりする役者の動き、丁寧にリレーされた台詞回しは本当に心地がよい。

またすべてに意味がある「魅せる」動きや、小道具の使い方は本当に魅了された。
同時に普段、狭く距離の近い隣の席に、気を使いながら見るのだが、同じ空気感を楽しもうとあたたかい気持ちになれた。

みている空間には四人しかいない。

当然場面が変わるわけでもない。

大きな装置も派手な音もない。

だが、想像力がかきたてられ、あっという間に世界に引き込まれる。

1人の人物を何人かで演じる様子は違和感を感じない。

「1人の人間」にも何人かの感情があるように思えたから、妙に自分は納得できた。
「こうだろうか」「こっちかな」‥人は自問自答を繰り返す。それが見せ方として時には対面で、時には同じ小道具を持ち同じ気持ちを4人がいろんな方向をみて、すっと立つ姿はとても哀愁深い奇妙な光景だった。

そんな中、平凡だった主人公が破天荒な叔母に感化されていく様子は、否定的なることなく理解できる。完全に1人が1人を演じることがなくても、

「この人はこんな人で、誰が誰をどう思っているか」

がすごくわかった気がする。

公演千秋楽2日前ともあって、役者には絶対の自信を感じた。それは作品に対する純粋に「好き」という気持ちである。また「楽しみ」である。
私はお茶で占いをするおばちゃまが、ドアを開けた瞬間と、タクシーのシーン、叔母の若き写真を見つけた時のシーンが好きだった。無駄のないそぎ落とされた、シンプルな芝居。ワインを飲みながらしっとりみる雰囲気のこのお芝居は、今の私にはぴったりの作品だった。味わい深い作品に出会えた、嬉しさと、悔しさが私に火を灯した。

やお( ̄▽ ̄)b

2010年8月21日 (土)

せめて、またあの花が香るまで 観げ記

我が劇団員伊東武志、いつも客演していただいおります鈴木寿枝さん藤井孝志さんが出演しています。

Pocket sheep第7回公演
『せめて、またあの花が香るまで』
日程》8/19(木)〜22(日)
19(木) 19:30
20(金)★14:00 / 19:30
21(土) 14:00 / 19:30
22(日) 13:00 / 17:00

チケット》
前売・当日 ¥2500
学生割引 ¥2000(学生証の提示が必要)
★金曜昼 ¥2000

会場》
Taccs1179 (西武新宿線 下落合より徒歩1分)
新宿区上落合1-17-9

公演詳細→
http://pocketsheeps.shinobiashi.com/

今日拝見してきました。としえさんが二重人格のように男女を演じ別けます。後半に連れ集中力が欠けたり、疲れが見えたりするのではなく、どんどんパワフルになっていくというか…。としえさんならでわの役ですね。
藤井さんは若いキャストの中に落ち着いた雰囲気をかもしだしてします。伊東は彼の実直な表現と、武士であり夫の雰囲気が出ていました。ぜひ三人の2B団とは違った面を探しに行ってみてください!

2010年2月 6日 (土)

青春のかけら 観げ記

<高校時代〜テスト期間は早帰り、ランチはカレーでもうひとがんばり>

今日は、はぁせんせとお芝居見てきました。
はぁせんせは、沢山素敵な芝居を私以上にご覧になっていて、私もよくご一緒させていただきます。おかげで沢山の作品に出会っています。
今日は後藤ひろひとさん演出、吉本新喜劇!
実は大好きなんです、新喜劇。実家で土曜日は新喜劇が生中継されていて、高校時代は急いで帰ってみてました。
大好きな役者さん、未知やすえさん!内場さん、池のさん、山田花子ちゃん、末成由美さんが目の前に!!
感激!
しかし、東京仕様にされていたのでしょうか?オムニバス形式だったせいでしょうか?リズムがあまりなく、台詞あてもすごく丁寧だったような。多いに笑ったんですが、爆笑の渦にはなれませんでした。お客様は新喜劇を知らない方がほとんどなので、新喜劇を知るにはいいのかもしれませんが、あのリズム感を知ってると物足りない気がしました。←贅沢な意見です。
好きなわりには、劇場にはいったことないので、やっぱり今度は本場でみてみたいと思いました。やはり観客のリズムとか、雰囲気が違えばまた変わりますよね。
前回の芝居で、昔の自分を思い出したように、昔好きだったものに触れる機会が多い。今そういう時期なのかも。
やお(^з^)-☆

2008年9月28日 (日)

ちゃや客演 歓げ記

<必然は偶然に~終演後はやっぱりビールかな?~>

今日は平澤さやかくんの客演の舞台を見に行ったrun
芸術鑑賞すでに四日目。大体がこのへんでダウンするか、どれかを諦めることになるのだが、今回は頑張ったdash
場所は三鷹芸能劇場。三鷹は遠い…。
内容は近松心中と、ロミオとジュリエットの話を混ぜた物語。犬猿の仲の二つの村の少女と少年が惹かれあっていく。その思いとはうらはらに運命は二人を引き裂き…一方一人の少女の生きる意味を自分が物語を書くことで見出していこうとする…。あらすじにもなりませんね…。着眼点は面白いのですが、内容に欲張りだったのか、どのキャラクターを追えばいいのか話には入り込めなかったのは残念…。

さやかくんは最近劇団員になった。昨日テトラで大活躍だった平澤さんの娘さんで、彼女が高校生の頃から知っている。前回“シーズン”を終えてすぐ客演を決めてきた。すばらしい滑り出し。自分の役だけでなく色んなシーンに群衆として出たり、大好きなダンスはとっても輝いていました。きっと今回でまた何かを得て、きらきら輝けるでしょうね。

門間もよく話すことですが、最近、恋愛=人を愛するということ、喜怒哀楽…セリフは口からでるのですが、「映像化された芝居」が多いです。映像で見る記憶をそのまま舞台にのせてもらしさがでないということ。セリフでは悲しいセリフだけど…その想いが伝わらない。自分もそうでした、そうなりがちです。その時何を自分は大事に思うか、こだわりは何かが見に行くことによって試されますね。ふと、心に語りかける瞬間があると、胸が熱くなりますね。

前回学んだことは、一年一回の公演で『一年間』が出るということ。見る機会に恵まれた、見に行けたものにも何か自分に語りかけるメッセージがあるなぁと思いました。

必然的みたいな…。出来事も出会いですね。

2008年9月27日 (土)

テトラコンサートにて 歓げ記

<秋の音色たち〜今宵ワイングラスを片手にチーズを添えて>

スタジオタフトでご指導いただいています、佐藤直江せんせのコンサートのお手伝いに行ってきましたup
歌 佐藤先生、ピアノ 川崎先生、司会進行 平澤さんの三人の作り出すステージはテトラと名付けられて、今回で2回目だそうですnote。そこに毎回ゲストを加えるという演出。今回はゲストにチェロ演奏山崎さんを加えたコンサートでした。
お客様には食事をビュッフェ形式で食べて頂く。そんななごやかなコンサートでした…。

前準備に12時頃入った。場所は我孫子市の老人福祉施設横のレストラン。茶と黒をベースとした内装はお洒落でとてもモダンである。佐藤先生は使わなくなったグランドピアノを寄付された縁でのお付き合いらしい。
ただその場所でやるだけではなく、どうしたらより良いコンサートになるかを考える。色んな人が色んなアイディアを出し、色んなものを持ち寄ったsecret。(私は体一つで、何をやるかをも聞かず来てしまったが…。)

中でも立体感のあるフラワーアレンジshineはお見事でした!コスモスとすすきといった秋の草花で素敵に飾り付けられていった。

照明も無いので、工事用のライトを三台用意。コーヒーもお店では出せないと言われたので、メーカー二台でひたすら落とす。そしてポットに移して用意。これぞ飲食店バイトで培ったもの。ドリンクコーナーのセッティングやテーブルの配置などアイディアを出して頑張りました。素敵に会場が出来上がり、あとはお客様をまつばかり。スタッフに慣れていない私は逆に落ち着かなくてだめですね。本番は窓から聞こえる虫の声と、素敵な歌、ピアノ、チェロの音をしっかり堪能しました。一番後ろで拝見して、聞いているお客様の後ろ姿を見ていました。音は人の歴史を表しますね。きっと色んな思い出とともに、聞いているんだとわかりました。その皆さん後ろ姿が哀愁があって、今の時間を楽しんでいらっしゃることがわかりました。
チェロの音は心臓の音に近いそうです。なんとも美しい響きでした。リハーサルでもう感動!やはり弦楽器いいですね〜。歌もピアノも最高heart04!!生はやっぱりいいやね。

スタジオタフトHPもご覧ください。http://tuft.ciao.jp/

2008年9月26日 (金)

六行会ホールにて 歓げ記

<その先にあるのは~ミックスジュースに入るはたくさんのフルーツたち~>

小嶋亜衣せんせのステージを観てきました。

ミュージカル・コンサートで大活躍のせんせですが、ダンサーとしてのパフォーマンスの舞台がやはりお好きなんですね。しかも振り付けにも奮闘したとのこと。私も楽しみに出かけました!!

昨日は和の「静」の世界を味わい、今日は「動」といった感じかな…。作品は芝居仕立てで、多重人格障害の女の子の話しで進んでいきます。ダンス技術はもちろん素晴らしい。いくつものナンバーはコラージュした何枚ものスライドを観ているよう。広い空間をどんどん埋めていき、シルエットやミラーを使った効果も刺激的。

見ながら「こうかなぁ~ああかなぁ~」と頭をフル回転。答えはなく、不条理的な世界。ダンスの舞台ってどうやって世界を作っていくのか…終わってから実際に聞いてみた。
「こんな感じで!という指示があるだけ。ダンサーはすべてを言いたくないみたい。」

そうかぁすげぇ…。まぁ芝居も答があって無いような。演出が微妙な調整をして一つの世界が出来上がる。私達は台本に書かれたものから読み取り、台本に書かれていない心を読み取る。同じ表現ですが不思議です。でもきっと作りての世界がそこにある!
知る得ることの出来ないその世界!知りたい!
なるほどぉ…答えがないから私、芸術にはまるのですね。だってその方が楽しいやんheart02

1人興奮して帰りましたdash。うぅすべて伝えられないのがもどかしや。舞台は生ものです。その瞬間逃さないでください!!

2008年9月25日 (木)

浅草木馬亭にて 観げ記

〈日々勉強〜ドリンク各種テイクアウトもあります〜〉

久しぶりに、舞台の神道寺こしおさんに会ってきました。
初代三蔵。以前何度か客演して頂いておりました。舞台に真摯であることを教えてくれた大好きな女優さんです。終演後改めてお会いして、本当に久し振りだなぁと思ったら、感動して涙目になってしまった…crying。舞台って久々に会いに行け、会いに来てもらえるものなんだなぁと改めて思いました。

夜の浅草に一人でくりだした私。改めて昼間と全然表情が違う事に気が付いた。浅草寺の方向から歩くことには慣れていたけど、ROX側から歩くとまた感じが違った。

木馬亭…よく名前は聞くけど、そういえば実際行ったことがない。時間があったので劇場を確認して時間をつぶすか…あっこの道さっき通った道だった…なんだこちらからくれば早かったのね…。そんなことをしてうろうろいたらどこかに入るにも時間がないので、コンビニでスタバの抹茶ラテを買って飲みながらまた劇場に戻る。すでに劇場前には結構な人だかり。5分ほどまって開場とともに入る。さらに5分ほどたつとほぼ満席。早くきて良かった…。

拍子木の音がベルがわり。やっぱり劇場の持つ雰囲気というのもあるんですね。
レトロな劇場の雰囲気がさらに作品を作り出していました。そして浅草!!最近の劇場、立て直したり、潰れたり…この雰囲気は貴重ですね。

落語のようなテンポの三本のオムニバス作品。
無駄のない計算された所作、役者がくるっと回って場面転換、台詞のテンポの良さ、楽しく拝見しました。後ろの席の奥様方は笑い過ぎてむせてました。

動くことって表現ですね。そして昔にあって今にない時間を感じました。日本語の面白さ、日本の美を考えた時間でした。

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー

  • たべある記
    食べること大好き 
  • ニュース
  • 体験記
    あんなことやこんなことが
  • 感じ記
    日々思うことここにあり
  • 料理記
    作って食べてもらうの大好き。 作って食べさせてもらうのはもっと大好き。
  • 旅行記
    普段感じ得ないことちっぽけな自分
  • 私スタイル記
    私のスタイルは私が作る
  • 紹介記
    大好きなもの・集めているものなど
  • 観げ記
    何かを観て感じたい・感じるものがそこにある!をここに
  • 面白記
    おもろぉ~って思った
  • 願望記
    あんなこといいなできたらいいな
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30