« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月24日 (水)

やったね

コンプリート!!!!
今日で今月のワーク(授業)全部無事終わった~。毎月の指導2つと、小学校授業2日間と、今日の高校生ワーク、イベントが2つ入って、はーありがたい。毎週別々のワークを考えていた。
挑戦でもあった。
お腹壊し、パソコンも壊れ、
相方には色々迷惑かけて、
それでも
何かやらなくてはいけない、越えなくてはならない壁を感じ、走り抜けた。
 
おーっっ
怒濤の2月!
すごい早さで完全に逃げて行った…。
私も走ったのか。
でも、すごい収穫です。
やった やったよ うふふ(by 初めてのちゅう)
 
今日もここにくるまで絞り出した物、自分がやってきたこと、やってみたいこと…を形にしていざ横浜へ。
今日は初めての90分構成で、
始めて会う高校生と
夢中になれるためにはどうしたらいいの考える。
結局前日に流れができて、ギリギリまで用意。
とりあえず形にするけど、
やっぱり
やってみなくちゃわからない
o(T△T=T△T)o。
今日は劇団員の伊東さんにも手伝ってもらって、少しできることも増える。
 
 
その場で判断し、皆の様子を見ながらやりきる事、欲張らないこと。ぶつぶつ自分に言い聞かせる(。_。)φ。ふむふむ。
 
実際に一緒に時間を過ごせる人がいて、場所があって、
それだけで今日だけのワンステージ、ひとつの舞台だ。
いきなり目の前にやって来た人間に「これやってみよー」と言われる。
…しかもやったことのない体で表現。
本当に大変な事だと思う。
戸惑ったと思う。
でもよくついてきてくれて、皆の中から見えた表現一杯あった。
 
皆の表現に拍手\(^o^)/
 
表現って大きい声を出して、何か特別なことをすることだけじゃない。
エンターテイナーでなくてもいい。
もちろん表現者は必要だけど。
ただ、生きていくために必要な要素が一杯ある。それを少しでも伝えられたら…。
 
小さなこだわりや表現に気がつけて、
それを一緒に見つけられたら、
私は嬉しい。なんとなく相手の嬉しさも感じる。皆嬉しい時間が増える。
 
ほとんどワークを削ることもなく、
時間を気にすることもなく、進んでいった。表現教育をやりはじめた当初は時間が気になったりしてたが、最近は抜き差ししながら、ちょっとずつバランスが取れるようになった。
 
自分の生い立ちから養成所に入るまでの話を15分くらいする。自分が一番苦しかった時代、夢があったから過ごせた私の今を作る時代。
皆聞いてくれてありがとう。
この瞬間自分の話が皆の中に生きていく。そしてこうして皆に話すきっかけを与えてくれた、元同じ部署の先生方のお陰で、私は自然と過去を味方につけた。一時は切り離した時間。
でもあのときの情熱や楽しさがあれば、また強くなる。
 
前半は体を動かして、同時に心をほぐして、
後半は4つの簡単な相づちで場面を作っていくワーク。
そして最後のメインメニューへ。
 
「生きる」 谷川さんの詩で朗読つくり。
前回も違う場所で高校生と、違う谷川さんの詩で同じようにやってるけど、今日は1日完結だから作り方も出し方も悩み処も違うみたい。
 
A「怒りはどうやったらいいのかな?」
一人の生徒が自分からいい始めた。
私「普段どうやって怒るの?」
B「あんまり怒らないから」
A「いいねー」
私「じゃあ怒ってる人ってどんな感じ??どんなときに怒ったりするのかな?」
記憶の再現、意識化。
自分で選んだ詩の一部だけど、
何故かその人らしい所にぶつかる。
怒りでも表現は色々ですね。
高らかに挙げた拳が怒りを表現していました。
動きを合わせるのではなく、
口頭で気持ちを交わしていく…
なるほど…。
 
表現できたかできないかじゃなく、
ちょっと言葉を感情を意識する…そのとき選んだものが表にでた。
それだけで十分だと思っています。
 
 
「うん、今皆の作ったものが繋がったね、じゃあ次は前の読んだ人たちの作った雰囲気を受け取って、読んでみようか。」
と私。
うん違う、今違うリズムが生まれた。まだまだ変われるね!!
 
それぞれが表現したものが、次から次へと受け渡され、ひとつになれた。
慣れて繋がったところに曲を投入。
またムードが変わる。
…いいよ!!!
もう一回やってみる❗
 
次の1回をやるかどうかが悩み処。
しかし、ここで完成にして、この空気のまま同じ曲で軽くストレッチ。そして、簡単な手話ダンス。
そして終わりとした。
この手話ダンスはまだ未完だけど、
皆に送るメッセージでもあり、少しやってみました。
MISIAの花という曲で
ー今は咲かないかもしれないけど、
一番いいときに 一番いい場所で…。
手だけの表現です。
 
 
最後はその曲に包まれて、リラックスしたやさしー時間と空気が感じられました。
 
このくらいの年齢だと、
私のやりたいことや好みも盛り込めますので、私も楽しい時間でした。
 
 
そのあとバレエに向かい、
本日も終了。
よくやったな…。
でも皆の事を思いながら、少し私も意識を変えてレッスンできて、また気がつけた。全てに感謝です。
 
 
やお

2016年2月17日 (水)

作りての裏には

明日も授業…
ううぅ緊張する…(笑)。
緊張しないでしょ!っていうけど、いつだってどうやって舞台ってたつの?って忘れてるくらいですから…するんです❗。
 
 
1時間目に自分の仕切りをやって、
2時間目はアシスタントで、
どうなるかわからないけど、
力が出るように!
 
劇団も6月の公演に向けて準備が始まっていて、やらなきゃいけないことやまずみ。
しかし、今日も劇団での時間は適度に心地よく、リラックスしている自分がいる。
自分がやらなきゃいけないことを提示すると、すっと手を差しのべてくれる仲間がいる、この安心感。自分への信頼もあるのがわかる。
もんもんと明日やらなきゃと思っていたけど、いつもの調子の自分が出てきた。疲れていたけど、このエネルギーそうこれこれ☆
そうだよね、17年もいるんだもんね。
 
明日の表現教育の時間は1時間の構成を自分で立て、自分で世界観を作り出していく。いわば演出的な時間、そのあとは役者な時間。
 
劇団の仲間がいればいいなとか、いたらどんなに心強いかと思うけど、劇団には出せない色があるはず。
だから私は表現教育を別で学び、別の仲間と出会えた。
それは私にとってすごいこと。
でも、劇団でもNPOリンク・スマイルさんと出会い、子供たちの指導の機会を頂き、劇団側でも考えることが増えた。これは私の自信になったし、やってきたことが繋がってきた!!
 
私にとっての授業は舞台と同じ。
仲間がいて、生徒たちと作り出す二度とない時間。
今日の私が明日の私になって、昨日まで考えたものをやる。
はぁ~気合いだ気合いだ~。
 
 
今日も稽古場で20日のリンク・スマイル子供美術館の準備を秀ちゃん、門間さんが作っていた。どんなものになるんだろう。二人は基本的に物を作るのが好きだけど、その作る姿の裏にはちゃんとそれを扱う子供たちが見えてくる。
門「足引っ掻けないように貼ったんだ」
やお「そういう心使い好きです」
そっか、普段
私はそういう人たちと舞台作ってるんだ‼もちろん知ってるよ。だからいままでここにいるんだけど。
でも、それを再確認できただけで、今日は得した気分。
 
さぁ明日も皆で楽しい時間に!!
 
 
 
 
 
やお

2016年2月15日 (月)

当たり前だけど当たり前じゃない

2月4日
さーて明日はファシリテーターデビューの日。
用意もほぼ終わったし、
あとは印刷するだけ…と思ってパソコンを移動させると…電源をいれても立ち上がらず…。えーまさかの((((;゜Д゜)))
 
こわれた?!
 
確かに私はお腹壊してましたけど、
何もパソコンまで壊れなくてもいいじゃない。しかもなんでこのタイミングなのー…と半べそかいて手を尽くすも、やっぱり立ち上がらず。
土曜日専門の方に見て頂いたら、結果Windowsをインストールしなくてはならないとな。
忙しさを言い訳にやれ働け、さぁ動けとたいして整理もしないまま使い続けたパソコン。
 
 
「じゃあこの子はどうなりますか?」
とまるで病室で迫るシーンのように聞くと
「引退ですかね…」
 
 
(ノ_<。)ううっ、すまん。私がこきつかって結果こんなことに。
なんか申し訳ないやら、パートナーが急にいなくなったようでその宣告は物凄く辛かったのです…。
 
データは無事らしいのですが、
その日から移行するまでの間パソコンがない生活が…。
いやいや、今月は次から次へと考えなくてはいけないプログラムが~
o(T□T)oどうしよ~。
o(T△T=T△T)o
忙しい中にさらに追い討ちをかける…。
そうやってやおが試される訳ですよ。
あげく携帯でチマチマ打ったり、ネットプリントで印刷したり、キンコーズで作成したり…。
今思うと実家から借りれば良かったか?とか思うけど、どうにかこうにか乗りきってきました。
 
 
新しくなるパソコンを待ちつつ、でも申し訳ない気持ちは消えずと複雑な気持ちで昨日友人に話すと、「何か変わろうとするとき、物が壊れるんだよ。」
といわれ、なんでこのタイミング?と思ったけど、実は5日のプログラムができるまで頑張ってくれたんじゃないかとか。本当は限界がそこまできていたのに…。
 
また切なくなってしまいました。
 
物に気持ちが宿りやすい…というか、
よく本番最終日に小道具が壊れたりとか、普段もよく落とし物をして、戻ってきたりとかあるんです。
人のもよく拾うしね。
 
当たり前だけど気がつかないこと…
そんな話をイチゴコンサートでもしました。
 
目の前の人も
手にある物も
この環境も
存在全てが当たり前ではなく
また改めて一つ一つに感謝して、いきたいなと思います。
 
何か起こったとき人はまた強くなれる❗
 
やお

いちごコンサート終了!!

写真をとりわすれたので、また手にはいったらのせますね。
 
90名近くの大人と子供 親子も兄弟もお父さんお母さん 家族で
楽しんで頂きました。
 
Facebookスタジオタフトのページで様子が見られます。
 
子供たちとその子供たちを育てる大人の笑顔がこれからも増えますように。
 
 
やお

2016年2月11日 (木)

今日は子供たちとライヴ!!

苺コンサートに向かう道
富士山みえてラッキー
 
今日の出会いを
期待して
感謝して
 
表現します。
 
 
やお

想いを形に

よっしゃー
一応形になった~。
というのは表現授業プログラム。
 
学んだ芸団協からそろそろファシリテータをやらないかと話を頂いた。
「Yさんの壁はきびしーぞ」
と色んな先輩方から聞いた声。
 
でもその厳しさがとても愛情に感じる…。
まだ無理なんじゃないか、早いんじゃないかと思っていたが
きっと声をかけて頂いたこのタイミングがこのタイミングなんじゃないかと、引き受けた。
でもスケジュールは思うようにいかず、いいアイディアも浮かばない。
けれど刻々と時間は過ぎる、迫る
さぁやれ!!やるんだー
と追い込んだらお腹壊した。
あーーーーーーーー
小人よ…。なんとかしてくれ。
 
猫でもないのにゴロゴロいうお腹をなんとかいいこいいこしながら、
送っては添削送っては赤入れしてもらい。
返信の文が 「…good job!」
 
感動。
 
生まれたよ ようやく
 
勉強しはじめて、初めて作ったプログラムの時も色々厳しい意見もらって、やり直して作ったっけ。
たどり着いた物は、まだ粗い部分もあるけど、曖昧な部分をそぎおとし、ふるいにのこった宝石の原石。まだそれがやってみてどうなるかはわからないけど、やっぱり無駄じゃないのよね。
 
結局お腹壊して半日寝てた、夢うつつで降りてきたアイディア。
小人…ありがとう。
 
 
 
 
 
やお
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー

  • たべある記
    食べること大好き 
  • ニュース
  • 体験記
    あんなことやこんなことが
  • 感じ記
    日々思うことここにあり
  • 料理記
    作って食べてもらうの大好き。 作って食べさせてもらうのはもっと大好き。
  • 旅行記
    普段感じ得ないことちっぽけな自分
  • 私スタイル記
    私のスタイルは私が作る
  • 紹介記
    大好きなもの・集めているものなど
  • 観げ記
    何かを観て感じたい・感じるものがそこにある!をここに
  • 面白記
    おもろぉ~って思った
  • 願望記
    あんなこといいなできたらいいな
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30