2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

カテゴリー

  • たべある記
    食べること大好き 
  • ニュース
  • 体験記
    あんなことやこんなことが
  • 心と体
  • 感じ記
    日々思うことここにあり
  • 料理記
    作って食べてもらうの大好き。 作って食べさせてもらうのはもっと大好き。
  • 旅行記
    普段感じ得ないことちっぽけな自分
  • 私スタイル記
    私のスタイルは私が作る
  • 紹介記
    大好きなもの・集めているものなど
  • 観げ記
    何かを観て感じたい・感じるものがそこにある!をここに
  • 面白記
    おもろぉ~って思った
  • 願望記
    あんなこといいなできたらいいな
無料ブログはココログ

« 動かない 動けない そんなときは | トップページ | 想いを形に »

2016年1月28日 (木)

私が教わったこと

今日は午前と午後と表現教育が重なった日。今日から始まる活動と今日で終わる活動。
プログラムを作って指導に向き合う日々→本番。
また見えない相手を想像して…。
 
こだわりすぎても固くなるし、決めなさ過ぎても良くはならない。
想像し、準備をした言葉かけも伝えられたようで、られなかったようで、
でも結果オーライにしている。
芝居的には稽古の出せる力は半分。
でもやったぶんが返ってくる。
 
 
午前中は3回の授業の1回目で、初めての学校。1年2年の子供たちに出会う。
どんな感じかなぁ、と私。同時に子供たちもどんな人かなぁと私たちを覗く。
二人で身体を使って作る眼鏡。同じものはない。
子供たちから出てくる
面白い個性豊かな表現を全て記憶したいと思うけど、キャパ足りず。
爪の先まで表現してる。柔軟性いいなぁ。
 
色々あって面白かったなぁ。
2年生はさすが2年目で、表情もついてて良いなぁ。
とアシスタントはアシスタントで色々見えて面白い。
 
帰り、校長先生ともお話しできて、
そのまま次の指導
立川の高校へ。
先月やった皆来るかなぁと、開けてみないとわからない2回目の授業。
 
 
さすがに1回目の緊張感はないし、前回と違い身体をどんどん動かすというより、今日はやってみたかった詞の群読を創作。題材は谷川俊太郎さんの「ひとりひとり」
 
言葉足りない私の難題を、
それぞれ挑戦していく。(ごめんよ、そしてありがとう)
始めの動きを皆で練習(立ち上がって歩く)。二人組になり自分達の読みたいとこを決め(どこでもいいが多いが、意外とこれが大事。責任を持つことや思い入れにも繋がる気がする)身体の動きをつけて作ってみる。
さらに曲をかけて雰囲気作り…。
 
最初はどうやって読むのかどこを読むのか意味が伝わらず、このまま作れるかなーと思ったけど、やってみると少しずつ二人組で相談して作り出した。
 
作り方は各グループ様々。
まずイメージを出す
こうやりたいこうやったらいいんじゃないか
これはどうか不安、緊張、責任感色んなものと戦ってるようす。
 
どうしたらいいかわからないけどといいつつさすが高校生。
一度作ると面白い表現が出てくる。
面白いよ、みえるよ~なるほどね、こうしたらどうかな?少し声をかけ、関わりすぎず遠すぎず距離をとって様子を見守る。
 
こうやってこうしてここで振り向いて、と例えば動きをつけることは簡単だ。
また読み方のコツ等を伝えることもできただろう。でも自分の読むと決めた詞の部分をイメージして彼らは作りあげた!!!。
あるチームは常に動き続け、スクワットや腕立てをする。これはこれでひとりひとりの世界=生活の厳しさや大変さを筋トレで耐え抜いていくような表現にも見える。
女性のチームはお互いの距離をうまくとって近づいたり離れたり。手を使って言葉の表情をだし、同じ動きをシンメトリーに作る。少しおとなしいが、演劇が好きな彼女が考えた、柔らかい繊細なイメージが伝わる。
おまえが考えろとお互い譲り合っていた男女ペアは、最後に考えた1片がとてもユニーク。ひとりひとり違うという言葉からお札を連想し(同じだけど違うといったイメージか?)手にガムテープに5千と書いたのを貼って二人で出した。面白い感覚だなとこちらも勉強。
 
もうひとつの男女ペアは「一人にならないという」部分を一人がそっと寄り添った暖かい表現に。違うセンテンスでは一人がうずくまって作った地球に両手ピース逆さ状態で作った足が地球に立った。
もう一組は最初一人が手話をつけはじめた、同時通訳だねというと、手話の子が椅子に座って高低をつけ、もう一人が朗読をするという形になった。
 
自分達のパートができた時点で、
前半にやった16カウントで座った状態から立ち上がって歩くという動きを曲に合わせてやる。続けて彼らの作った動きと朗読。
繋がった…。
one ok rockの曲で谷川さんを読むという…ちょっと異色ですが力強さや個のイメージが出てきた。
ここだけにするにはもったいない表現でした。
 
私が劇団に入って門間に教わったことは、自由に動くこと。
いつも門間は最後の最後まで大きな演出をつけず、私たちのしたいことをまず引き出してくれます。
提案はするけど押し付けなく、キャラクターも出はけも自由。
実はこの方が難しいということを最初は気づきませんでした。
生み出すって大変ですよね。何にもないんですもん。でも自分の中から出たものってやっぱり真実なんです。
 
見本や言われた通りに動くことも大変ですが、自由にやっていいが一番難しいく、忍耐がいることだと。
2回しか会っていない人間に、見慣れない詞の朗読をするからこの言葉を使って動いてみろと言われても、無茶苦茶な難題ことですが、彼らは挑戦してくれました。
 
素敵でした。本当に。
 
最後に
表現は難しいかもしれないけど諦めないでと伝えました。
願いでもあります。こんなに素敵な表現が、あなたのなかだけで終わらぬように。今日の日差しのように暖かな光があなたからでますよう。
 
私も言ったからには諦めずに伝え続けます。それって表現者でいるってことですね。はい。来月も表現指導日和です。でも時々落ち込みます。でもまた這い上がります。その繰り返しです。
 
終わった瞬間
マチネが終わった感じのいい疲れでした。ソワレいくか~ないわ~。
この興奮をどこへ…( ・∇・)
 
やお

« 動かない 動けない そんなときは | トップページ | 想いを形に »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私が教わったこと:

« 動かない 動けない そんなときは | トップページ | 想いを形に »