« 2009年11月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月24日 (水)

ヤングアメリカンズ② 体験記

<22日1日目 伝えたくて一瞬‥~朝食はバイキング パンかご飯か迷いどころ~>

さてはて、今日から三日間どんな体験をするのか‥。私も前例がないため、何をどうしていくべきかわからないままスタートした。目印の手作りバンド‥「みんな素敵に舞台にたてますように」願いを込めて、前日に端の処理をした。一人ひとりに渡され、腕にはめられた。

ヤングアメリカンズ(以下YA)のメンバーもいつも以上に気合が入っているらしい。全国から集まってくること、またメンタルに抱えたものがある子が参加するかも知れないということ。しばらくするとホールの中から「ハーイ」とメンバーの呼ぶ声が。メンバーとみんなの出会いの一瞬だ。

YAのメンバーは舞台の上に、参加者は客席に座った。YAの自己紹介が始まる。日本人メンバーは3人。日本人メンバーが通訳をしてくれる。まずは特技紹介。一人ひとりにマイクが渡り、いろんな歌声を聴かせてくれた。また、アメリカ出身だけでなく出身の国も様々、個性たっぷり!みんな元気!!。次にダンス・ゴスペルと披露、YAの世界にみんなが包まれた一瞬。これだけでYAのメンバーのすごさを感じる。YAの特徴はまず見せる。「次はあなたの番よ。これをあなたたちがやるのよ」とバトンを渡す。最初は「今見て気に入った人にならって!!」それぞれの場所にメンバーが散らばり、さっそくワークショップが始まった。しばらくしてみんなで合わせてできたことをお互いに褒める。「みんなすごぉい!!」拍手=称賛の嵐。それからチームわけをしてダンスレッスン。開始してあっという間にオープニングが完成した一瞬。

「YAから伝えたいことがあります」やりなさい、やってくれではなく。YAは「一緒にやろう」と伝える。YAは迷ったり、悩んだりする姿は見せない。とにかく前に前に進んでいく。参加者のひとりひとりの力を信じて‥。

 常にメンバーは参加者と参加者の間に入って、目を配る。みんなの休憩中もホールでYAは、ワークショップの準備と進行のミーティングを行う。これが団結力を作るのだろう。休憩中何人かが練習を始めた。ダンス経験がある子を中心に復習。いつの間にか輪が広がり、後ろへ、また後ろへつながった。気をくれしている、それを見ている、見ながら身体が動いている、しっかり休憩している、いろいろな人がいた。後ろで踊っている子に「一緒に踊っておいで」と言ったら、恥ずかしそうに輪に混ざっていった。ほほえましい一瞬。

休憩を終えた後、レッスンも重なって、疲れが出始めたのか体調不良を訴える子が出始めた。個人差が出始めた一瞬。YAのメンバーは必ずその時もそばにいてくれた。そんな中でもワークショップは続く。「音楽の歴史」と題して、年代別のダンスのレッスンが始まった。とっても楽しい。ディスコミュージック、ヒップホップ、ニューミュージック、ジャズ‥。身体にない動き!私も見ながら動いてドーパミン出っぱなしだった一瞬。

YAはお互いのものを見せるという事にも意味がある気がした。自分とは違うものを他のチームが練習し、完成させる。それをお互い見せあい、かっこいいと思う。自分たちのも見せる。盛り上がる。お互い盛り上がって、お互い全てが舞台に上がり、一つを作る。その力はすごい。踊れているとか、踊れないとかでもない。他人が気になるとか関係ない。音と目の前でプレイするYAのメンバーを感じ、踊り、うたい、繰り返す。

みんな目をキラキラさせて、楽しいっていってた。まさにこの一瞬に夢中だった。

朝の表情忘れました。

2010年2月23日 (火)

ヤングアメリカンズ 体験記

<1年の温め~時々食べたいそっと優しいバームクーヘン~>

私の働いている先は、株式会社が運営するフリースクールで全国に校舎を持つ。http://www.daiichikoto.net/今回このヤングアメリカンというプロジェクトは、初めて実施される。全国の校舎から生徒・先生を募集した、二泊三日間の宿泊プログラムである。ダンスや歌のワークショップをヤングアメリカンという団体が指導し、三日目にはショーを披露する。最初はなかなか集まらなかったが、102名の参加が決まった。
 

ヤングアメリカンhttp://www.jibunmirai.com/ya/company/company.htmlは日本でツアーを行うようになってまだ間もない。研修や塾、などの企業、病院、地域の子供たちを対象にしたアウトリーチと呼ばれる出張授業で、芸術と教育を目的とされている。ヤングアメリカンのメンバーは300人程いて、中から、今回の日本ツアーメンバーがオーディションで選ばれた。
  生徒たちの中には心に傷を持った子が多い。学校に通うことのできなかった子、人と接するのが上手くいかない子、学校が合わずに辞めてしまった子、色んな理由で入学してくる。感受性の強い、少し個性的な子たちが多いのだろう。北は北海道、南は熊本、日本各地から生徒や先生が集まった。

受付する私は、一人ずつ名前を聞き、顔を覗きこんだ。表情も色々。不安や期待、様々な感情をもって1日目が始まった。

生きたい私と生きていくための私 体験記

<やりたいことは…どっちもわたし〜温めますか?全粒粉と豆乳スコーン>
食べていくにはまだまだで、アルバイトをしています。

食べるのと、接客が好きだったこともあってずっと飲食をやってきた。新しいことをやってみようと、事務のお仕事に応募。しばらくは舞台もやらないつもりでいた頃。大概、面接の時に芝居のことは打ち明けるのだが、特に言わないつもりでいた。『貴方の高校は進学校だけど何故就職しなかったの?』…芝居で上京したことすぐばれた。『今受付で迎えた人もインプロ(即興劇)やってる人だよ』…何故だろう繋がるものだ。色々あったけど、もう働きはじめて四年くらいになる。すっかり社内でも、芝居をやってることは知れて、公演の度にお休みを頂き、ご迷惑をかけているのに中では都合をつけて観にきてくれたりもする。
それが本当に嬉しい。
自分を知らない人が観てくれることも、知っている人が観てくれることも嬉しい。『役者の勉強をしています』いつの私も『私』になった。今の自分に正直になれたからか、ただ月日がたったからか、バイトはバイト、舞台は舞台ではなくなった。
今回のヤングアメリカンのプロジェクトメンバーに上司が選んでくれた!最初は出れば?とぎりぎりまで言われていたし出たい気持ちももちろんあったが、今回は舞台人として、支える側にまわりたいと伝えた。ヤングアメリカンのメンバーが初めて会う、全く舞台経験がないものたちを引っ張って、どのようにして舞台を作りあげるのか…。私も自分がプレイするだけでなく、萬の部活動の子たちのように後輩をもち、伝えられることがあるのではないか…。そんな風に思ったからだった。

あれ?22日からの三日間のヤングアメリカンのことを書こうと思ったら触りだけだなぁ。というわけで連続小説のようにしるしぃ(記録)していきます。続くっっっ〓
やお( ̄▽ ̄)b

2010年2月22日 (月)

昔々 感じ記

<私の原点?!~口どけ甘いバニラアイスはミントを乗せて>

我が劇団の映像をみたいといってくれてる方がいて、お貸しする機会があったので稽古場から何作品か持ってきた。
久しぶりに第23回公演SAIの風を見てみた。
10年以上前、「劇団に入りたい」ともう一度上京するつもりで劇団を探した。『子供心を忘れた大人に贈るSFサイエンスファンタジー』という文句にひかれ、電話で問い合わせ。
まあやさんの電話対応にさらにひかれ、この作品を三重から観にきた。
それから劇団に入って何年後、これを再演すると聞いた時、私は公演に参加する事態を悩んでいた中だった。
でも思い出の作品。舞台を作りたい〓そうして、舞台に立った。
昨年、この作品にも出てきた「万里の長城」へ行った。昔々
いわゆるよく写真や絵で見る八達嶺ではなく、私の行ったのは居庸関だった。ロープウェイではなく自分の足で、急な階段を登る。
生きる!というエネルギーを感じた中国旅行。昔々その最後の締めくくりでもあった万里の長城は、私にパワーを与えてくれた。がしがし登ってもまだまだ先に道が。前日雪が降って雪残りの危うい道を歩く。自分の足で登る、人生そのもの!もし、この時に「樹奈子」(その時の役名ね)だったら、万里の頂上も意識して芝居に入れられたら面白かったかな?

私の好きな台詞「空から見える人が作ったものだ。」
また行って1日歩いてみたい。

やお( ̄▽ ̄)b

2010年2月21日 (日)

今日も天気 体験記

<寝癖注意報〜目玉焼き+100円、絶対おすすめ>

朝起きたて鏡をみたら、私の髪、タコみたいだった
O(≧▽≦)O
寝癖すご〜いっっ
いや〜ん( ┰_┰)

やお( ̄▽ ̄)b

2010年2月20日 (土)

開ければやおいっぱいの箱

<好きな・気になる・あこがれの・物!者も!!の!!!~日々更新あり>

よく聞かれる 市原悦子さんが好きな女優。他にも沢山。

もう一度行ってみたい 万里の長城。行ってみたい スイス ハイジごっこしたい。パリ 気分はキャプテン翼 岬くんに会いに行く翼くん。

伝説の名言 「100Wが来たよ」青二時代日舞の時に。私って?電球?「がんばらないようにというと、おまえはがんばらないことをがんばっている」昔、演出門間さん言われた。

腹が減ると動かない。というか動けない。周りにいる人は、そんな私に食べ物をくれる。おなかいっぱいになるとすぐ眠くなって、動かない。いつ動いてるの?私が聞きたい。

嫌いな食べ物はない。ただ苦手なのはメロン。のどがいがいが。自分だけだと思っていたらそうではないらしい。

初めての舞台はヘンゼルとグレーテル。女の子全員グレーテル。お母さんが絵本買ってくれた。

得意料理 ロールキャベツ オムライス 食べるん大好き

選ぶ色は オレンジ・赤・深いグリーン

私の身体成分表 カフェオレ30% ご飯40% オレンジジュース10% 他20%

何本でも食べられる 海老フライ

あこがれるのは シンプル・スタイリッシュ・パワー・ゴルファー

私 パーマンになりたかった。大空翼と孫悟空と早乙女乱馬と結婚するって思ってた。

ご飯食べている時、お茶している時 幸せな時間

2010年2月19日 (金)

自分のネジ 感じ記

<ぜんまい仕掛け〜甘い玉子焼き、3ラウンド突入>
「重い想い」は身動き取れない。取れなくなってはじめて、声を聞く。
クルシイヨ
そんな時いつもその周りに「どうしようもない事柄」の沼がある。それは誰が作ったわけでもないラビリンス。どうしたら抜け出せる?

抜け出せなければ、一歩がでない。そして何だかひとりぼっち。
「ごめんなさい」「ありがとう」はあなたとわたしがいて、出る言葉。
相手がいて自分がいる。自分がいて相手がいる。
受け入れるだけが全てじゃないと思っていたけど、その術がなくて。
でも、やっとでたその声に傾けることができる耳が私にあるのなら、そのことについての判断力、解決の知恵が私に与えられるだろうか?それとも私が必要なら身につけられることができるだろうか?
私も会いたいから明日も会いたいと思える人に!
伝えられたいから伝えることのできる自分に!
やお( ̄▽ ̄)b

2010年2月17日 (水)

体は人を現す 体験記

<意思=自分=身体〜疲れた身体が求めるレバニラ炒め>

一週間がとても早くて、内容が濃いから、先週を思い出すのに時間がかかる。
身体は特に。ただ、昔と違うのは、あっちの私、こっちの私と身体や気持ちが振られなくなったので、今の調子を捉えることが早くなった。…と思う。

今日のレッスンでも収穫は多いにあり。
自分の癖と向き合う。治そうとすると、楽な位置を身体が覚えているため、そっちに引っ張られる。「だめだぞっ」といい聞かせると、今まで頑張っていた筋肉が「痛い」と悲鳴をあげる。気が緩むと「そおっと」何時もの位置に。でも別の筋肉が「楽で無理してない」気がして、普段より「バランス」がとりやすい。つかうべき筋肉が、「やる気」を出す。何年も言われて、何時も気にしていたのに不思議である。だから毎日同じレッスンはない。

そんながんばった身体、今日はメンテナンス。人間に戻っていく一瞬。
「すごいはってますけど!」うん、昨日つかってない筋肉に会えたので…。まだまだ向きあえるね。

やお( ̄▽ ̄)b

2010年2月15日 (月)

植物の力 紹介記

〈バレンタイン〜私の想い、チョコではあらわせなくて…そんな方に!〉

前回の公演で気象予報士大野さんのお花をわけてもらってきた。
まだ綺麗にさいてるぅ。植物の力

今日の新入り。
ハートマークのほや。
一目惚れ。植物の力

やお( ̄▽ ̄)b

2010年2月14日 (日)

大事なものは 感じ記

<ごめんね~あなたと食べる大事なディナーはいつどこで?>

年々大事なものが増えて、

守りたいものが多くなり、

本当に大事なことやものを見失いがちになった時、

何やってんのか‥って

くやしくて、なさけなくて、涙する。

もっと自分の思うように、行きたいところに行けるために

私が必要なことを、また探していこうと思った。

2010年2月11日 (木)

懐かし味と記憶のかけら 料理記 

<母の手作り〜幻ソースはケチャップとウスターソースそれから…隠し味少々>

久しぶりにコロッケを作りました。懐かし味と記憶のかけら今コロッケって、美味しいのがすぐ手に入りますし、油を嫌うご家庭も多いそうな。私の母が、子供の頃に作ってくれたコロッケは俵型でした。とてもおいしかった。忙しくてなかなか手料理は食べられませんでしたが、なんだか味は覚えています。ちなみに我が家はおにぎりも俵型。三角に憧れた幼少時代でした。
バターを落とし、玉ねぎ炒めて、ひき肉炒めて、茹でたジャガイモを潰して、中にいくつかカマンベールチーズを挟んで…。
作りながら、美味しくできる魔法をいれて、食べる一瞬を想像しながら、母の味を思い浮かべる。
そういえば一緒に作ったことは覚えていないので、今度リクエストしたいと思います。

お母さん、コロッケ食べたい!
やお(^з^)-☆

2010年2月 6日 (土)

青春のかけら 観げ記

<高校時代〜テスト期間は早帰り、ランチはカレーでもうひとがんばり>

今日は、はぁせんせとお芝居見てきました。
はぁせんせは、沢山素敵な芝居を私以上にご覧になっていて、私もよくご一緒させていただきます。おかげで沢山の作品に出会っています。
今日は後藤ひろひとさん演出、吉本新喜劇!
実は大好きなんです、新喜劇。実家で土曜日は新喜劇が生中継されていて、高校時代は急いで帰ってみてました。
大好きな役者さん、未知やすえさん!内場さん、池のさん、山田花子ちゃん、末成由美さんが目の前に!!
感激!
しかし、東京仕様にされていたのでしょうか?オムニバス形式だったせいでしょうか?リズムがあまりなく、台詞あてもすごく丁寧だったような。多いに笑ったんですが、爆笑の渦にはなれませんでした。お客様は新喜劇を知らない方がほとんどなので、新喜劇を知るにはいいのかもしれませんが、あのリズム感を知ってると物足りない気がしました。←贅沢な意見です。
好きなわりには、劇場にはいったことないので、やっぱり今度は本場でみてみたいと思いました。やはり観客のリズムとか、雰囲気が違えばまた変わりますよね。
前回の芝居で、昔の自分を思い出したように、昔好きだったものに触れる機会が多い。今そういう時期なのかも。
やお(^з^)-☆

心の窓 私スタイル記

<開けて、昔の自分を~ブレックファーストベーコンエッグ 卵は半熟、ベーコンカリカリ~>

初めてみたパントマイム。それは大阪のなんばウォーク。青二の大阪校の願書を出しに行った帰りだった。

その時にあふれ出た涙は悔しさと、見る側じゃなく、表現側にいたいという想い。舞台が、照明が、音響が、観客が、衣装が、メイクが、声が、言葉が、台本が、全てがないとできないと思っていた自分に、見せつけられた数分の舞台。

そこには何もないのに全てがあった。

私はその出会いを作文に書き、青二の東京校の受験を決めた。そしてオーデションでパントマイムをした‥。それが上京の始まりだった。

今の私は部活動生の子たちと出会えたこと、「ノリ」という役に出会えたことで、そんな昔の自分を思いだす。

3日の夜、舞台の私はノリを超えて、昔の自分だったかもしれない。

ずっと想いがあるのに表現として伝えられない。伝えようとすればするほど空回り。

だけどそれは、いつかきっと私の身体から滲みでて、コントロールできる日が必ず来る。完璧を求めても、続ければ続けるほど課題ができる。出来てたことができなくなる時もある。だからモグラたたき。でもやってやれないことはない。やらずにできることはない。

出会ってよかったという想いが増えるよう、私もそう想ってもらえる人へ、役者へ。

一歩、また一歩ずつ‥。

2010年2月 4日 (木)

日差し 感じ記

日差し 山手線★に乗る
無事終了いたしました。
ご来場頂いた方、ご連絡させて頂いた方、またご連絡頂いた方ありがとうございました!

朝、来ていただいた皆さんと舞台を作ったメンバーに配るため東京駅でクッキーを買ってきました。日差し
気分はハチを送りに新幹線乗り場に…そしたら本場前にして、「あっ私にとって山手線って東京駅かも」と思いました。
私は東京の乗り換えが下手くそでやっぱり色で覚えてました。グリーンはやっぱり山手線で、東京駅でグリーンを探していた自分。すると終わりのシーンは違う気持ちがありました。
でも終わっちゃったな‥。
また今回も沢山の出会いと、経験となりました。

客演メンバーには刺激を受け、指導してくださった先生スタッフさんには、感謝と本当に舞台への愛を感じました。初舞台が多い中、とても贅沢な舞台だったと思います。
部活動生のメンバーは皆とても素直で、可愛くて、舞台で輝いてました。誰もが、苦しみもがいた結果だと思います。次のステップが楽しみです。
沢山妹・弟ができた気分です。関わった人皆を全て抱きしめて、皆お疲れ様〜。
私はもう1日浸って、明日はまた新しい気持ちで山手線に乗ります。
やお(^з^)-☆

2010年2月 3日 (水)

過去・今・未来 私スタイル記

新しい環境で新しい人と芝居を作ることが、こんなにも大変で、こんなにも刺激があるとは…。
いつの間にか自分にも年下の人たちが増え、今回もほとんど年下。でも皆かわいくて仕方ない。
このメンバーと芝居を作ることは二度とない。誰がかけても違うから、明日のあなたや私は変わるから。だからこそ今を大事に。

舞台に向かうと色んなものがみえる。

久しく、いや年々、人に向かうことが少なくなったのだろうか。あるいみ器用になって、できることが増えたら自分を相手にぶつけなくても意思を伝える方法をとっていたかも。今回「ノリ」という役に会い、そんなことを考えた。

いつのまにか台詞も危ない橋を渡らない、ただ自己満足な台詞。昔のほうが自由に、自分のやりたいことをしていたなぁ。

もう一つ上があるならみてみたいんだ。
気が付いた。上手い役者じゃなく、心が動いている役者になりたい。だからこそ下手くそでいいから、今はこんな私を崩す時。

やお(^з^)-☆

本番到来 紹介記

部活動生ハチは悩んでいた。うまくいかないことや、先生のダメ出し、家族のこと。そんな状態で、ハチは稽古場を飛び出してしまう。いつの間にか山手線に乗ってた彼女は、沢山の人に出会うのだが…。

悩んだり、落ち込んだり、人の事が器用に見えて、羨ましく思えて。でも誰しもある感情。

いい天気です。
もしお時間あるかたは気をつけていらして下さい。舞台でお会いしましょう。
やお(^з^)-☆

2010年2月 1日 (月)

本番前に 紹介記

本番前に
<1月29日たまには皆と〜バイキングでお腹一杯〜>

出たら叩いて、叩いたら引っ込んで、また出て…終わりのないもぐらたたきのように…。

なんか気が付いたら2月。カフェも「中国いってきまぁす」から帰ってきてないオーナー私を許して。中国旅行レシピもまたいずれ。無事帰ってきてます。

今日は麻布で日舞のお稽古。六本木の夜景を皆様に。肉眼の方が素敵です。このまま東京タワーまで歩いて行きたいと思った…吸い込まれそうな。
公演についてご連絡できてない方、ごめんなさい。
やお、劇団の公演前に水曜日1日限りの公演をいたします。
平日ではありますが、もしお時間合うようでしたら、お会いできれば嬉しいです。
「山手線に★乗る」
日時:2月3日(水)15時(乗客役)・19時(主人公友人役)開演の二回公演。
場所:大塚萬劇場
入場無料

あらすじはまたに続く!?もう3日しかないじゃん。

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー

  • たべある記
    食べること大好き 
  • ニュース
  • 体験記
    あんなことやこんなことが
  • 感じ記
    日々思うことここにあり
  • 料理記
    作って食べてもらうの大好き。 作って食べさせてもらうのはもっと大好き。
  • 旅行記
    普段感じ得ないことちっぽけな自分
  • 私スタイル記
    私のスタイルは私が作る
  • 紹介記
    大好きなもの・集めているものなど
  • 観げ記
    何かを観て感じたい・感じるものがそこにある!をここに
  • 面白記
    おもろぉ~って思った
  • 願望記
    あんなこといいなできたらいいな
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30