2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

カテゴリー

  • たべある記
    食べること大好き 
  • ニュース
  • 体験記
    あんなことやこんなことが
  • 感じ記
    日々思うことここにあり
  • 料理記
    作って食べてもらうの大好き。 作って食べさせてもらうのはもっと大好き。
  • 旅行記
    普段感じ得ないことちっぽけな自分
  • 私スタイル記
    私のスタイルは私が作る
  • 紹介記
    大好きなもの・集めているものなど
  • 観げ記
    何かを観て感じたい・感じるものがそこにある!をここに
  • 面白記
    おもろぉ~って思った
  • 願望記
    あんなこといいなできたらいいな
無料ブログはココログ

« 作りたい時間 感じ記 | トップページ | 六行会ホールにて 歓げ記 »

2008年9月25日 (木)

浅草木馬亭にて 観げ記

〈日々勉強〜ドリンク各種テイクアウトもあります〜〉

久しぶりに、舞台の神道寺こしおさんに会ってきました。
初代三蔵。以前何度か客演して頂いておりました。舞台に真摯であることを教えてくれた大好きな女優さんです。終演後改めてお会いして、本当に久し振りだなぁと思ったら、感動して涙目になってしまった…。舞台って久々に会いに行け、会いに来てもらえるものなんだなぁと改めて思いました。

夜の浅草に一人でくりだした私。改めて昼間と全然表情が違う事に気が付いた。浅草寺の方向から歩くことには慣れていたけど、ROX側から歩くとまた感じが違った。

木馬亭…よく名前は聞くけど、そういえば実際行ったことがない。時間があったので劇場を確認して時間をつぶすか…あっこの道さっき通った道だった…なんだこちらからくれば早かったのね…。そんなことをしてうろうろいたらどこかに入るにも時間がないので、コンビニでスタバの抹茶ラテを買って飲みながらまた劇場に戻る。すでに劇場前には結構な人だかり。5分ほどまって開場とともに入る。さらに5分ほどたつとほぼ満席。早くきて良かった…。

拍子木の音がベルがわり。やっぱり劇場の持つ雰囲気というのもあるんですね。
レトロな劇場の雰囲気がさらに作品を作り出していました。そして浅草!!最近の劇場、立て直したり、潰れたり…この雰囲気は貴重ですね。

落語のようなテンポの三本のオムニバス作品。
無駄のない計算された所作、役者がくるっと回って場面転換、台詞のテンポの良さ、楽しく拝見しました。後ろの席の奥様方は笑い過ぎてむせてました。

動くことって表現ですね。そして昔にあって今にない時間を感じました。日本語の面白さ、日本の美を考えた時間でした。

« 作りたい時間 感じ記 | トップページ | 六行会ホールにて 歓げ記 »

観げ記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅草木馬亭にて 観げ記:

« 作りたい時間 感じ記 | トップページ | 六行会ホールにて 歓げ記 »