« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

ちゃや客演 歓げ記

<必然は偶然に~終演後はやっぱりビールかな?~>

今日は平澤さやかくんの客演の舞台を見に行ったrun
芸術鑑賞すでに四日目。大体がこのへんでダウンするか、どれかを諦めることになるのだが、今回は頑張ったdash
場所は三鷹芸能劇場。三鷹は遠い…。
内容は近松心中と、ロミオとジュリエットの話を混ぜた物語。犬猿の仲の二つの村の少女と少年が惹かれあっていく。その思いとはうらはらに運命は二人を引き裂き…一方一人の少女の生きる意味を自分が物語を書くことで見出していこうとする…。あらすじにもなりませんね…。着眼点は面白いのですが、内容に欲張りだったのか、どのキャラクターを追えばいいのか話には入り込めなかったのは残念…。

さやかくんは最近劇団員になった。昨日テトラで大活躍だった平澤さんの娘さんで、彼女が高校生の頃から知っている。前回“シーズン”を終えてすぐ客演を決めてきた。すばらしい滑り出し。自分の役だけでなく色んなシーンに群衆として出たり、大好きなダンスはとっても輝いていました。きっと今回でまた何かを得て、きらきら輝けるでしょうね。

門間もよく話すことですが、最近、恋愛=人を愛するということ、喜怒哀楽…セリフは口からでるのですが、「映像化された芝居」が多いです。映像で見る記憶をそのまま舞台にのせてもらしさがでないということ。セリフでは悲しいセリフだけど…その想いが伝わらない。自分もそうでした、そうなりがちです。その時何を自分は大事に思うか、こだわりは何かが見に行くことによって試されますね。ふと、心に語りかける瞬間があると、胸が熱くなりますね。

前回学んだことは、一年一回の公演で『一年間』が出るということ。見る機会に恵まれた、見に行けたものにも何か自分に語りかけるメッセージがあるなぁと思いました。

必然的みたいな…。出来事も出会いですね。

2008年9月27日 (土)

テトラコンサートにて 歓げ記

<秋の音色たち〜今宵ワイングラスを片手にチーズを添えて>

スタジオタフトでご指導いただいています、佐藤直江せんせのコンサートのお手伝いに行ってきましたup
歌 佐藤先生、ピアノ 川崎先生、司会進行 平澤さんの三人の作り出すステージはテトラと名付けられて、今回で2回目だそうですnote。そこに毎回ゲストを加えるという演出。今回はゲストにチェロ演奏山崎さんを加えたコンサートでした。
お客様には食事をビュッフェ形式で食べて頂く。そんななごやかなコンサートでした…。

前準備に12時頃入った。場所は我孫子市の老人福祉施設横のレストラン。茶と黒をベースとした内装はお洒落でとてもモダンである。佐藤先生は使わなくなったグランドピアノを寄付された縁でのお付き合いらしい。
ただその場所でやるだけではなく、どうしたらより良いコンサートになるかを考える。色んな人が色んなアイディアを出し、色んなものを持ち寄ったsecret。(私は体一つで、何をやるかをも聞かず来てしまったが…。)

中でも立体感のあるフラワーアレンジshineはお見事でした!コスモスとすすきといった秋の草花で素敵に飾り付けられていった。

照明も無いので、工事用のライトを三台用意。コーヒーもお店では出せないと言われたので、メーカー二台でひたすら落とす。そしてポットに移して用意。これぞ飲食店バイトで培ったもの。ドリンクコーナーのセッティングやテーブルの配置などアイディアを出して頑張りました。素敵に会場が出来上がり、あとはお客様をまつばかり。スタッフに慣れていない私は逆に落ち着かなくてだめですね。本番は窓から聞こえる虫の声と、素敵な歌、ピアノ、チェロの音をしっかり堪能しました。一番後ろで拝見して、聞いているお客様の後ろ姿を見ていました。音は人の歴史を表しますね。きっと色んな思い出とともに、聞いているんだとわかりました。その皆さん後ろ姿が哀愁があって、今の時間を楽しんでいらっしゃることがわかりました。
チェロの音は心臓の音に近いそうです。なんとも美しい響きでした。リハーサルでもう感動!やはり弦楽器いいですね〜。歌もピアノも最高heart04!!生はやっぱりいいやね。

スタジオタフトHPもご覧ください。http://tuft.ciao.jp/

2008年9月26日 (金)

六行会ホールにて 歓げ記

<その先にあるのは~ミックスジュースに入るはたくさんのフルーツたち~>

小嶋亜衣せんせのステージを観てきました。

ミュージカル・コンサートで大活躍のせんせですが、ダンサーとしてのパフォーマンスの舞台がやはりお好きなんですね。しかも振り付けにも奮闘したとのこと。私も楽しみに出かけました!!

昨日は和の「静」の世界を味わい、今日は「動」といった感じかな…。作品は芝居仕立てで、多重人格障害の女の子の話しで進んでいきます。ダンス技術はもちろん素晴らしい。いくつものナンバーはコラージュした何枚ものスライドを観ているよう。広い空間をどんどん埋めていき、シルエットやミラーを使った効果も刺激的。

見ながら「こうかなぁ~ああかなぁ~」と頭をフル回転。答えはなく、不条理的な世界。ダンスの舞台ってどうやって世界を作っていくのか…終わってから実際に聞いてみた。
「こんな感じで!という指示があるだけ。ダンサーはすべてを言いたくないみたい。」

そうかぁすげぇ…。まぁ芝居も答があって無いような。演出が微妙な調整をして一つの世界が出来上がる。私達は台本に書かれたものから読み取り、台本に書かれていない心を読み取る。同じ表現ですが不思議です。でもきっと作りての世界がそこにある!
知る得ることの出来ないその世界!知りたい!
なるほどぉ…答えがないから私、芸術にはまるのですね。だってその方が楽しいやんheart02

1人興奮して帰りましたdash。うぅすべて伝えられないのがもどかしや。舞台は生ものです。その瞬間逃さないでください!!

2008年9月25日 (木)

浅草木馬亭にて 観げ記

〈日々勉強〜ドリンク各種テイクアウトもあります〜〉

久しぶりに、舞台の神道寺こしおさんに会ってきました。
初代三蔵。以前何度か客演して頂いておりました。舞台に真摯であることを教えてくれた大好きな女優さんです。終演後改めてお会いして、本当に久し振りだなぁと思ったら、感動して涙目になってしまった…crying。舞台って久々に会いに行け、会いに来てもらえるものなんだなぁと改めて思いました。

夜の浅草に一人でくりだした私。改めて昼間と全然表情が違う事に気が付いた。浅草寺の方向から歩くことには慣れていたけど、ROX側から歩くとまた感じが違った。

木馬亭…よく名前は聞くけど、そういえば実際行ったことがない。時間があったので劇場を確認して時間をつぶすか…あっこの道さっき通った道だった…なんだこちらからくれば早かったのね…。そんなことをしてうろうろいたらどこかに入るにも時間がないので、コンビニでスタバの抹茶ラテを買って飲みながらまた劇場に戻る。すでに劇場前には結構な人だかり。5分ほどまって開場とともに入る。さらに5分ほどたつとほぼ満席。早くきて良かった…。

拍子木の音がベルがわり。やっぱり劇場の持つ雰囲気というのもあるんですね。
レトロな劇場の雰囲気がさらに作品を作り出していました。そして浅草!!最近の劇場、立て直したり、潰れたり…この雰囲気は貴重ですね。

落語のようなテンポの三本のオムニバス作品。
無駄のない計算された所作、役者がくるっと回って場面転換、台詞のテンポの良さ、楽しく拝見しました。後ろの席の奥様方は笑い過ぎてむせてました。

動くことって表現ですね。そして昔にあって今にない時間を感じました。日本語の面白さ、日本の美を考えた時間でした。

2008年9月24日 (水)

作りたい時間 感じ記

〈気付くか気付かないか?〜匂いに誘われて…やっぱり美味しい我が家のカレー~〉

綺麗な夕日。
作りたい時間感じ記思わず駅の自転車置き場でパチリ。やっぱ観てるようにはうつらないね。電車の中でその後みた赤い雲も幻想的でした。

日本最北端ー利尻島の夕日。作りたい時間感じ記作りたい時間感じ記めっちゃくちゃ綺麗だった。日が落ちるまで待った時間…贅沢よね。
昨年の夏に相方の母上と姉上と女ばかりの三人旅行。初めてずくしで楽しかったな!

作りたい時間感じ記ちなみにうちからみた夕日。
場所や気持ち次第で、「見る夕日」は違うのかな?季節や気温によっても違うから夕日も今日しかみれないものかな…。
今度夕日をおかずに酒でも!…飲んだ雰囲気になってカフェオレ飲もうっと。
作りたい時間〜『今日の終わりという夕日を楽しむ時間』

2008年9月23日 (火)

今日はなにかな? 料理記

〈今日の夜召し〜定食もありますおすすめは野菜炒め〜〉  

今日のよるごはん。今日はなにかな?料理記
野菜炒め・サラダ・かに玉スープ
野菜炒めー①ニンニク、生姜で豚肉を炒める
②次にキャベツ・エリンギ・玉ねぎ・なす(冷蔵庫にある野菜たちでおっけぃ)を炒める
③塩少々、鶏ガラのもと、酒がきれていたので、これーぐーす(沖縄調味料。唐辛子の泡盛漬け)、最後に醤油ひとまわしで味付け

サラダ→トマト・胡瓜・レタス・コーン 今日はなにかな?料理記
スープー蟹缶、玉子、椎茸の変わりにエリンギ、鶏ガラに塩、醤油少々で水とき片栗粉を入れる。
水ときなのに何を思ったか、お湯といて固まってしまった(汗)あほやん。
春雨を入れたらボリューム出たが美味しかった。片栗粉、玉子を後からいれると味が薄くなるので濃いめが良い。

料理も経験で覚えていく。

失敗して挑戦して。こーしてあーして。見て聞いて味見して。食べに行って作ってもらって。食べてもらって!繰り返して繰り返して。

2008年9月22日 (月)

せつない出会い 願望記

<ラブストーリは突然に〜少し甘めのプリンアラモード>

出会ってしまった。
今出会いたくなかった。
私は違う物を求めていたのに…でもこのチャンスを逃したらもしかしたらまた会うことはないのかしら。
稽古前にこんなとこで出会うなんて…ちょっと家に遠すぎる。大事に出来る自信が今の私にはないわ。こんな私を許して。
あぁ何度も何度も見ては、結局背中を向けてしまった…。

後日、今日こそはてにいれて、大事に!そして背中を向けたりなんかしないわ。

ミニストップであったデザートが入ったスヌーピーのグラス。

今日行ったらありませんでした。誰か見かけたら教えてくださぁい。ぐすん。

2008年9月17日 (水)

実家にて×⑤ 旅行記

〈想いは相手を心で思う〜午後のおやつにホットケーキ・メープルシロップをたっぷりと~〉

長いようで短い滞在。

今日は東京に戻る日。
母が帰って来るのを待って、食事にでかけそのまま駅へ。

別れ際の母の後ろ姿を何度みただろう。
母の振り返った姿はみたことがない。私はいつも見えなくなるまでみている。
またいつもの生活に向かって新幹線に乗り込んだ実家にて×5 <br />
 旅行記

実家にて×5 <br />
 旅行記←やお「これ東京でつかうとナウイよ」す「ナウいって…(大笑い)」

そして、こちらでも実家は生き続ける。もりぞうきっころエコバック。

2008年9月16日 (火)

旅行にて×④ 旅行記

〈待つことが教えてくれる〜抹茶の香りと緑の青さと〜〉

帰ってきたら行くところまだありました!
なばなの湯と長島のアウトレット
朝イチ風呂に行き、一度帰って、母は送別会、私昼寝、また移動して長島へ行きアウトレットへ!行ったり来たりの強行突破。

なばなの湯はバスで駅まで15分、駅から25分くらいのとこにある。花が沢山ある庭園に、レストランとお風呂が設備されている。着いたらまだオープン前だった。池の鯉がスッゴクでかい!鰹並だ…。
ここ出来た時から餌やっとるけど、これー大きくなったんやに…」と母。

そりゃそうだぁ〜こんなでかい鯉はいません

オープン前につき戸口でまつ。これぞ一番風呂!旅行にて×4 <br />
 旅行記

→入ってすぐの休憩所からみえる景色。松が素晴らしい旅行にて×4 <br />
 旅行記

中はお見せできないので、つるっつるっ感旅行にて×4 <br />
 旅行記をお届け。とどく〜?おなじみ手たれは私。

長島のアウトレットは長島温泉というレジャー施設にある。東海では有名施設旅行にて×4 <br />
 旅行記。うちから30分くらいの所にある。東京のアウトレットに比べてさらに値段がもとめやすい。私が行きたいと行ったと思ったでしょ〜?母が結構好きなんです。私も好きですがね。買い物して、食事して帰ってきました。

実家に帰ると待つということをよくします。東京ではあまり感じ無いけれど。移動がバスや電車でも、やっぱり東京って本数あるしね。特に「あ〜待ってるなぁ」って実家に帰ると感じるなぁ。いかにせかせか生きてるか。その場所にはその場所の生きる時間ってありますね。

2008年9月15日 (月)

実家にて×③ 旅行記

〈今日はなんのひ?〜バースデーには予約をどうぞ〉

この連休に帰ってきた理由。お母さんのバースデーbirthday

「祝う年でもないのに〜」といいながら、ケーキがあるよといったら嬉しそうだった。実家にて×3 <br />
 旅行記 ろうそく消してっていったらあまりの勢いでミントが飛んだ(年の数だけ用意したら、ケーキ埋まっちゃうので大きいのと小さいので)

あなたがいるからわたしがいるね〜自分の誕生日も祝われて嬉しい日からいつしか感謝の日になった。

産んでくれてありがとう。

2008年9月14日 (日)

実家にて×② 旅行記

〈帰ると必ず行く所〜バターは高くなっていますがトーストには欠かせません〜〉
実家にて×2 <br />
 旅行記 帰ると必ず行く所があります。1つは実家の近くの喫茶店フォレスト。小学生時代の同級生のお母様がやってます。
うちのお母様御用達、朝はモーニング、昼はランチ。すごい時は何回も帰っている間につれて行かれるという。どんだけ好きやねん。

実家の方は喫茶店でモーニングというとトースト、玉子、コーヒーその他、各店のオリジナルで色んな物がついてきます。
モーニングいこか」は当たり前だったんですけど東京は珍しいのかな?

よく子供の頃に叔母に連れられて行ったcafe喫茶店にはトマトジュースがついていて、当時は飲めなかったので、トマトジュース=大人のモーニングでした。ある時挑戦して飲めるようになった時は、エッヘン大人の仲間入り…みたいな。というわけで今回も2日間、モーニングお世話になりました。この喫茶店、7時回ると一杯になってしまうとのことで、おかげさまさまで早起きでした。桑名はしじみ漁がありまして、漁師さんで席が一杯になるそうな。

あと1つは叔父の所。
大好きだった優しい叔父。

行き場がなかったまだ小さかった私と母に桑名においでと二階の一間を貸してくれた。膝に私をのせて、キリンビールbeerを飲むのが好きだった。その匂いとあごひげがあたるのがやだなぁと思った時もあるけど、今でもキリンビールの匂いを嗅ぐと叔父を思い出す。

大好きだった叔父。私が東京に上京した年に他界した。

いつも帰って来たら行くところ。「ただいま」

実家にて① 旅行記

<生まれは兵庫、育ちは三重なわけで…~朝どりオレンジ生絞り~>

久しぶりに実家に帰ってきました。
三重県桑名市ー特に何があるわけでもなく、上京してもうしばらくたつと、こちらにいた時間を越えるだけに、生活感はありません。母の方が1日中仕事して忙しそうwobbly
そのあいま合間に食事に行ったり出掛けたり…。

母と過ごす何気無い日常が貴重な時間だと、東京に出て気が付いた。
そして実家を愛することが出来た。ここにはもう私の生活は無いけれど、たまにbullettrain帰ってこれるのが今は幸せである。
→これ桑名のマンホール。実家にて旅行記 桑名は鋳物が有名ということと、ハマグリが有名なので…ちょっと陽気なハマグリたちがかわいい。

2008年9月13日 (土)

キャンプだほい×⑪ 体験記

<いい湯だな~風呂上りのはちみつホワイトソーダーはここにあり~>

けんたろさんとは鍾乳洞でお別れして、残り一行はお風呂に向かいました。
伊東氏のカーナビはどんな道でも行きますが、たまに間違ったりもご愛敬。

ついた先は御殿場近くのお風呂spa。1日券と行水券と二種しかなく、しかたなく一時間しかないclock行水券で入場。一時間なんてあっというまですよ。マッサージ機にもかかりたかった(泣)もう少し入っていたかったなぁ。温泉大好き!ngweep

→灰色の物体が何かいる!キャンプだほ×11 <br />
 体験記と思って夜になったら白鳥のモニュメントで光ってたshine。かわいいと写真撮ったが頭切れ…。

さぁ暗くなってきました。高速に乗って帰ります!途中足柄のサービスエリアで各自ご飯タイム。お腹も一杯になったし、風呂にも入ったしさぁひと眠りと思ったら甘かった。

人一倍元気なみくさんのゲーム大会heart04が始まった。あれ…なんでそんなに元気?あっさっき富士山からの道々寝てましたねsleepy

おかげさまであっという間に高速の旅は終わり、渋谷でみんなと別れました。
一つ一つがまたもとの生活に戻っていきました。
みんなとこうして移動して、色んなものを見て、聞いて、食べて、体験して、話してという時間は贅沢な時間ですね。
楽しみも喜びも何でも自分次第でもうひとつ増えるなぁと確信しました。

行けなかった皆様。ぜひ来年は!

キャンプだほい×⑩ 体験記

〈神秘!自然を感じて〜雨の日限定メニューはあったかポトフ〜〉

門間さんは昔来たことがあるらしい、富士山fujiを降りた途中の鍾乳洞に立ち寄りました。ガキ大将な座長は皆を連れていってあげたいupという思いで、いつもながら先頭きって行きました。それにぞろぞろついて行く私達。

どんなものだか想像もつかなかったのですが、中は非常にせまくほとんどスパイダーマン状態です(我ながらいい例えだと思うんだけど)。
足をつくにも、雨のせいで水溜まりになっていて、ゲーム状態。
身体使いますねぇgood!うおっ 足突っ込んで濡れた!!sweat01

今思えば、今思えばですよ、楽しかったです。そのときは結構必死でした。
昔と変わらないものってすごいよね…。

外にでたら富士山周辺や富士山にいる鳥やコウモリをとった写真が展示してありました。
どれも素敵な写真eyeで写真好きの私は欲しいなぁ…と思っていたら送料無料で買えるとのこと。さらにその金額は富士山の保護に使われるとのことで、二枚買うことにしました。
これが今回の自分のお土産presentです。
忘れた頃に届くってのも、帰っても楽しみが続くみたい。お金を払いにいったら写真を撮った方にたまたまお会いできました。三人撮った方がいるみたいですが、自分が選んだ物がそのかたが撮ったものだったという偶然にも驚き。選ばれたその人も嬉しそうでしたが、私も嬉しくなっちゃいましたconfident

あと少しつづくぅ

キャンプだほい×⑨ 体験記

  〈日本一!~カフェラテと一緒に焼きたてメロンパン~〉

ついた先は山中湖。白鳥ボートが並んでる!乗りたいと思ったのP1010219はみくさんだけではなかったのよ…。実は私も水は苦手ですが、ボートは好きなの。
時間がないということで、ボートは断念。
本物の白鳥さんや鯉がいたのでみんなでまた戯れました。

P1010218野崎さんがpaperばく〜っって手を噛まれてたのがおかしかった。無言だったから痛くないのかなぁ?と思ったら本人「どうしようかと思った」…coldsweats02焦ってたようです。その写真がないのが残念。

おやおや次はfuji富士山に行くようですbus

車で五合目まで到着。沢山の人でした。お手洗いにから戻って最初に目についたのがP1010224_2 『富士のメロンパン』というのぼり。メロンパン研究委員会shineとしてはこりゃ抑えるしかないでしょと、ふらふらと中に。するとまあやさんも気になっていたらしく、二人でさらに奥に。「あと5分で焼き上がります」すでに並んでるようす。並ぶ?並んじゃう?とまあやさんと並んでついにゲット!

↑上から撮った写真。

どっか座って、カフェラテで食べようと外に出たら雨降ってました。しょぼん。雲が晴れたらてっぺんが見えるようですが、そのまま雨rainになってしまいました。

富士山fuji…またゆっくり来たいな。そして登ってみたいなぁ。

もうちょいつづくぅ

キャンプだほい×⑧ 体験記

〈新しいコンビは今夜だけ?〜晴れた日たまにはガーデンサンドイッチパーティー〉

宴会は野崎さんの久々の酔っぱらいぶりに、藤井さんの酔っぱらいツッコミが入って、たかし&たかし(二人とも名前がたかし加えて酔っぱらい)の漫才コンビにみんなで大笑いしました。

この二人…実はなんだか似てる?

野崎さんもおつかれで、だいぶ酔ってきたので、ロッジに連れていき、寝たかなと思ったら、河野さん相手にまだ語ってました…。

だんだん一人ずつ眠りにつき、メンバーも少なくなりました。
残った上嶋さん池さんの三人で恋愛談義をしたのは楽しかったです。
そして私達も寝ました〜。
朝も順番に起きてきて、昨日残った食材で朝食!
結構なメニューになりましたよ。かたずけも含めて11時にはチェックアウト。急げ〜。最後に記念撮影をして車に乗り込みました。

さて今日はどこに?P1010221
←車の中から空の写真

まだまだつづくぅ

キャンプだほい×⑦ 体験記

〈真の料理上手を目指して〜日替わりメニューはおたのしみ〜〉

ロッジについたら荷物を降ろして、ふとんを借りたり身支度を。虫さん、植物さんにご挨拶。初めての場所なので、勝手が慣れませんが、とりあえず「火おこし隊」「料理隊」「見守り隊」に分かれ準備をはじめました。私は料理隊ね。
料理が好きな門間さんとやおが先頭に立つのですが、やっぱり女の料理と男の料理が違うらしく…、加えてマイペースに展開。それに皆さん本当によくサポートしてもらって、ようやく宴会が始まりました!
特に私のサポートをしてくれたのは我が隠れ劇団員?!池ちゃん、藤井さん。いろいろ楽しかったですぅ。

物が有ることが当たり前の世の中。物がないことでやはりやりずらいこともあるけど、「だったらこうしようと」思い付いてやることは喜びもあるんだなぁと思いました。
芝居を作る中ではほとんどないところからのスタートですが、日常では体験できませんよね。改めて思ったことでした。

私が思う本当の料理上手はレシピ通りではなく、目の前に有るものを把握し、使って作れる人だと思います。沢山の美味しいものを食べて味を覚えるのも大事なP1010216ことですよね。
←そして前回焼くのに苦労した鳥の丸焼きも、改良版で見事な焼きに!
レタスに巻いて食べれば良かったと今思い付いたなぁ 。

ちなみに手タレは秀さん。

このキャンプの様子が2B団のHPやまあやさんのブログでもみることができます。まあやさんライブでブログを更新してくれてました!また写真も一杯なので楽しいです。合わせてご覧下さいね!
やおもまだつづくよぉ

キャンプだほい×⑥ 体験記

〈腹が減っては食事はつくれぬ〜食材は現地の物を惜しみ無く〜〉

まかいの村…牧場をあとにして途中、遅めではありますが昼ご飯にほうとうを食べに!
食べたら夕食食べられなくなっちゃうかなぁと心配した人はそばを注文。 ボリューム高く天丼って↓人もいました。やっぱりほうとう食べたいよねってことで頼んP1010205だのは茸ほうとう。

食べても、食べても

また写真とり忘れて途中経過で失礼。P1010207
ほうとうより茸率高かった。カボチャベースの甘みのあるおつゆにカボチャほうとうはさらにカボチャが入っていました。食べきれなかった皆のを食べていた武志君は4ぶんの1のカボチャを食べたみたいです。

さ ぁ次は?忍野八海へ!
10年前に立ち寄ったことがあり、神秘的なのでぜひ!!とリクエスト。

日本百明水に選ばれて有名になったようで、それまでは静かな場所だったらしい。草餅が美味しいので食べたかったけど、お腹一杯だしねぇ。

深い池は見つめていると、透き通った青さに吸い込まれそうで足がすくんでいました。P1010210_2  なので、リクエストしたわりには早くも池の縁から外れてブラブラ。池上映子姉さんと他の池も見に行き4つは押さえました!(有名処は2つで中には私有地にある池もある)P1010211

やお「池上さんはやはり数々の池を押さえていらっしゃるんですよね?」

いけ「そうですね〜こちらは私の知識では…」昔から必ず何を言っても返してくれる池ちゃん。大好きheart04happy01
さぁそろそろ買い出ししてロッジに向かいましょう。

つづくぅ

キャンプだほい×⑤ 体験記

〈見えれば素敵!〜ごほうびはジェラート・バニラかティラミスか〜〉

   
海の見える展望台というのが地図に…。
ほんとに?行ってみる?
側にいた、けんたろさんに何気無く『行く?』って聞いてみたら『行く』っていうから、武志君と三人で行ってみた。

芝生急斜面。
その上アスレチックみたいな展望台がある。きっとあそこを登れば海が見えるに違いない。

しかし芝生急斜面
登る前から寝不足の身体にはこたえる。アウトドア=体力づくりだと言い聞かせて登った。
子供の時なんてことなかった高いところが、いざ大人になって登ると、怖い…。さぁ海が…う〜んどこに?結局そこは『海が見えるかもしれない展望台』でした。P1010199_2
「晴れてたらみえたかもしれない」と言い張る武志君。時にはこの頑丈かつ、前向きさに救われる時もあるんですよ…。比べてけんたろさんはひょうひょうと登って降りて行きました。
帰りは滑り台を滑ってアスレチック台を降りました。久しぶりの滑り台、たのすぃ~。

教訓『百聞は一見にしかず』そうだよね…。
子供だから大人だからとか関係なく、自分で体験したことは説得力あるよね!
最後にジェラートを買って、まかいの里をあとにしました!あっ、牧場だそうです…。
↓秀さんが「サンダーバードみたいだぁ」と言ったところでパチリ。きれいに並んでいると素敵P1010198_3P1010183_2

←お花も奇麗でした。手タレはわたくし。

2008年9月12日 (金)

キャンプだほい×④ 体験記

  〈来て見て行って触って聞いて感じて〜食は五感を使って時々BGMは生演奏~〉

中は結構広くて、歩き回りましたよぉ!run
P1010185_3動物だけでなく、モンゴル村という、モンゴルおうちをそのまま再現した場所にたどり着きました。その中でモンゴルご出身の方にホーミィという歌とモンゴルの日本でいう三味線のようなものnoteを披露していただきました。
ホーミィは一度に2つの音を出す、とっても不思議な音色でその場にいた何人かで、聞き惚れましたfull。共鳴する場所を身体の中で微妙に変え、小鳥のような高い音からふくろうのような低い音を使い分けていました。
何もない、広い場所で考えられた表現方法のようです。

そこで、モンゴルの事を色々教えてくれた女性に会いました。私は平野レミさんに似てるなと思った…。そのかたからでるパワーは強くてとっても優しいかった。モンゴルが大好きだというのがすごく伝わってくる!
物は無くても素敵で雄大なモンゴルとは違い、物は合っても何かを失いかけた日本。二つを知っている彼女の素敵な笑顔の裏に、悲しみも持ち合わせていました。
まだまだ知らないことがいっぱいだと感じました。

つづくぅ

キャンプだほい×③ 体験記

<オープン街の一時〜並んで食べる限定チーズケーキは何名まで?~>

ついたはいいけど、早すぎてまだオープン前でした…どっひゃ〜。

ここで、にじ子さん弟けんたろさんと合流しました。仲間が増えた!ドラクエみたいnote
入園まで待ち(結構待った)いざ出陣。考えてみたらいい大人がオープンと同時に入る姿は異様ですね( ̄ー ̄)ニヤリ。

P1010169 P1010196 中には動物がいっぱいいて、触ったり餌をやったりできます。たのすぃ〜ヽ(´▽`)/
気が付けば…動物ばかり撮ってました…。
そういえば今回の旅、カメラを握りしめていて、自分が写っていない…。誰かに撮ってもらえばよかったのにね。眠いせいかそこまで気がまわってなかったのかな?

おいらはやっぱり眠いのと、ハラヘってんのは駄目ですねwobblyP1010187 

←この羊めっちゃかわいくて一目ぼれ。被写体にしてとり続けるがぶれる

↓いや君じゃないんだが…なぜかカメラ目線で他の羊が…。P1010186

↓やっと撮れた!!かな?

P1010195つづくぅ

2008年9月11日 (木)

キャンプだほい×② 体験記

<地球に生まれてよかったー~朝日を浴びて目覚めのブラック おかわり自由~> 

高速に乗ってしばらくすると明るくなって参りましたsun
bus気が付けば山道を走り右へ左へ身体がふられます。
運転するのは劇団員伊東武志ー彼の頭にはカーナビが入っているかのよう…      『道を知る男』です。ただ衛星とは繋がってないので、旧式かつマニアックだったりします。
さて、朝日の美しさとともに、つきましたのは途中富士山の見えるスポット。         これも武志さんのおすすめ?キャンプだほい×2
写真とりましたが、くらいですね…。
旅は天候が気になるもの。
私はgoodsun晴れ女なので、絶対晴れだといいはり、見事本日は晴れました!
まあやさんもsun晴れだとか、みくさんは楽しみにすると雨rainだとか…ダメじゃん。
まぁなんとか晴れが勝ちました。
そうして、また車は山道をぬけ、今日一番の目的地魔界の…じゃなかったまかいの里へ!じゃなかった村へ!
はたしてどんな村でしょうか…。
つづくぅ

キャンプだほい①  体験記

<夏休みのためお休みします~朝取り卵のスクランブルエッグをパンにのせ>

劇団好例行事!キャンプに行ってまいりました。

毎回、劇団員と客演の方・スタッフを交えて1泊のキャンプに出掛けます( ̄ー ̄)ニヤリ。

料理メニュー、現地での遊び、観光…毎回劇団員が企画します。

今回は山中湖のほうへGO!

山中湖…私は何年も前に行ったきりですな…。楽しみ!!

前日から野崎家にお邪魔して、移動中の朝ごはんおにぎりをにじこさんとつくり、さらになんとにじこさんはカレーも作ってくれました。手伝う予定でしたが、任せてしまってすいませんsweat01

今回にじこさんは風邪のためお留 守番ということに。

体調悪いのにお邪魔してごめんなさいですdown

仮眠…の予定が、門間家ではラーメンズの映像会だったようす。

こちら野崎家では落語の映像会でした。笑った…cat

3時半、車に乗り込み出発!門間号と合流し2台の車は禁煙車と喫煙車に。

さてさてどんな旅がはじまるやら…。Cocolog_oekaki_2008_09_11_00_09

まだ夜は明けていません…。sleepy

無料ブログはココログ

最近のトラックバック

カテゴリー

  • たべある記
    食べること大好き 
  • ニュース
  • 体験記
    あんなことやこんなことが
  • 感じ記
    日々思うことここにあり
  • 料理記
    作って食べてもらうの大好き。 作って食べさせてもらうのはもっと大好き。
  • 旅行記
    普段感じ得ないことちっぽけな自分
  • 私スタイル記
    私のスタイルは私が作る
  • 紹介記
    大好きなもの・集めているものなど
  • 観げ記
    何かを観て感じたい・感じるものがそこにある!をここに
  • 面白記
    おもろぉ~って思った
  • 願望記
    あんなこといいなできたらいいな
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30